at OFFICE(アットオフィス)オフィス探しはプロと二人三脚で

0

0

Webから無料問い合わせ

移転エリアの検討

何を基準に考えるか?

image

ここまでは移転検討段階での、経営的な重要事項を解説してきましたが、いよいよ実際に移転活動を行なうにあたって、まず必要となる項目のうち、まずは移転エリアの検討から決定についてお話したいと思います。
当然ながら移転エリアの選定は企業毎にさまざまな要素を考慮して決定する必要があるため、共通の正解はありませんが、抑えるべき要素を整理しながら、判断の材料としていただければと思います。

移転エリアの検討にあたって

移転エリアの決定要素

企業が移転するエリアを検討する際、一般的には以下の要因を加味しながら意思決定がなされるかと思います。

1.顧客 得意先との距離感、営業ルートの利便性、効率性
2.社員 社員の通勤時間、交通費
3.経営者 経営者の通勤、土地勘、憧れなど
4.企業イメージ 企業のイメージやブランド
5.業種、競合 同業他社、競合企業の所在
6.賃料相場 エリアの賃料相場

各要素をバランスよく検討

中小規模、ベンチャー企業の場合、経営者の判断で決まるケースが多いと思いますが、上記要素をバランス良く加味しながら、ステークホルダーにも納得の行く説明ができる決定を心がけてください。また、上記要因の中でも、いくつか注意すべきポイントがあります。

移転エリアの検討で注意すべき要素は?

社員への影響は?

移転先オフィスが、現在のオフィスから離れた場所になる場合、当然ながら社員の通勤、生活に影響が出ます。通勤時間が変わり、家を出る時間が変わり、家庭があれば家庭の生活リズムにも影響が出ます。

もちろん、良い方向に変われば満足度の向上に繋がりますし、若い社員が多い企業であれば、フットワークも軽く、自然と新しいオフィスの近くに引越してきたりもするものですが、最悪の場合、移転先の場所が理由で退職者が増えることは、中小規模/ベンチャー企業では決して珍しくありません。きちんと移転先決定の理由を説明するなど、注意を払うのに越したことはないでしょう。

同業他社を調査しましょう

近隣のビルにライバル企業や同業他社が入っていたら、外での食事の時などもうかつに仕事や会社の話ができないなど、お互いあまり気持ちのいいものではありませんね。移転エリアの目星をつけた際に、同業他社の所在について、念のために一通り調べておくに越したことはないでしょう。
また、利益構造が似たようなモデルの同業他社は、自然と賃料相場が同じような地域やビルに入っていることが多いので、移転先の検討にも参考になります。

オフィス移転ノウハウ MENU

アットオフィスのサービス一覧

私たちはオフィスの限られた空間に限らず、会議室・レンタルオフィスなど、複数のソリューションで、働き方の改善を提案しております。

豊富な情報量で月極駐車場を検索 »

都内最大級のインキュベーション施設 »

研修・セミナーに駅前会議室 »

空室対策ならビル総合管理で »

お知らせ Information

2017.05.16
「居抜きでオフィス格安退去」ページを公開しました。
2017.05.01
「ご契約者様インタビュー」を更新しました
2016.12.15
【オーナー様へ】マイソク登録ページをご用意しました

採用情報