ご契約者様インタビュー

※記事は2022年11月のものであり、現在とは内容が異なる場合があります。

リライル株式会社 様

クラウド会計システムを使って会計・給与・請求の各データをワンストップで管理する会計事務所のリライル株式会社(https://relyl.com/) 。これまで400社を超えるベンチャー企業にクラウド会計freeeの導入を行っています。 今回は、オフィス移転のきっかけやその後の変化などを代表の野口五丈さんにお聞きしました。

【物件概要】
東京都渋谷区道玄坂2-11-6 TOP HILLS GARDEN 道玄坂ビル 7階
2021年築/約55坪

広くて快適なオフィスを求めて

アットオフィス(以下AO):移転してみいかがですか?

野口様 : 「気分最高!」という感じでテンション高めに仕事しています。家が近いということもありますが、オフィスが快適なので毎日来ています。

AO:社員の皆さんの反応はいかがでしたか?

野口様 : 「ここか!」という具合に感動して喜んでますね。引き渡しの際も社員数人が待ちきれずに一緒に来ました。

AO:移転を検討するきっかけや経緯について教えてください。

野口様 :前のオフィスは今回の半分以下のサイズだったため、手狭になってしまったというのがあります。最初は社員も8人ぐらいでしたが、今は30人くらいに増えましたので。
それから、人数が増えたこともあって、トイレが男女共用というのをどうにかして欲しいという要望が多くなっていました。
実は2019年に一度移転を考えてオフィスを色々探したことがあったんです。その時はあまり「これ」というのが見つからなかったのと、コロナが拡大してしまってリモートワーク中心になったので、一度様子を見ようということになりました。もともとあった打合せスペースをつぶして執務スペースにしたり、レンタルオフィスの会議室を併用したりしながら様子を見ているうちに、2年も延びてしまいました。ですので今回ようやく移転できたという感じです。

AO:物件選定にあたって特に重視したポイントを教えてください。

野口様 : まずは広さを重視しました。選定ポイントは、前のオフィスの倍くらいの広さであることと、トイレが男女別という点です。
場所に関しては最初は渋谷なら良いかという気持ちで選んでいたんですが、だんだん以前のオフィスがあった道玄坂に自分も社員も思いがけず愛着があることがわかってしまって。最終的に前のところから歩いて1分というような至近距離を選ぶことになりました。
ですので、振り返ってみると道玄坂の住所を維持できるというのもポイントの一つになったかもしれません。

広い窓と優れた音響が気分転換に

AO:オフィス内装でこだわったポイントはどこですか?

野口様 : 窓が広くて明るいことですね。帰る頃に夕陽が見えるのもいいです。
エントランスは理想通りですし、休憩室も床を少し切り替えたりしていて、気に入っています。トイレもすごくきれいですし。

野口様 : それから音響がとても良いというのは音響好きの社員の努力によるところが大きいです。
普段はBGMを流しているんですが、社員が帰って一人になった後はボリュームを上げて好きな音楽を楽しんでいます。 実は先日も、10周年を迎えた記念と引っ越し祝いを兼ねてここで仮装パーティーを主催したのですが、その時も音響が大変良くて迫力あるパーティーになりました。
仮装パーティーは以前から何か思い出に残るイベントにしたいという思いがあって、ちょうどハロウィンの時渋谷で仮装している若者を見てひらめきました。
社員もみんな楽しんでくれたようで、結果的に忘れられないイベントになりましたね。

AO:移転プロジェクトを通して一番大変だったことは何ですか?

野口様 : 内装と什器選びです。
日頃仕事のスタンスは目線を合わせてやっているので意見をまとめるのにそれほど苦労することはないのですが、インテリアって個人個人で趣味が違うものですから。それを合わせる作業が一番大変でした。
最終的には私が「これは多数意見なのでは」と思われるものを選ぶということで何とか解決しました。大変は大変ですが、それぞれの社員の好みも知れたりして、おもしろいという面もありました。
レイアウトも色々な希望があってギリギリまで悩みましたね。

移転を通して社員に生まれた一体感

AO:これから移転する方へアドバイスがあればお願いします。

野口様 : 移転してみてものすごく感じたのは、社員のエンゲージメントや一体感が高まったなということです。
移転を決めた当初の理由は、人数が増えて前のオフィスが狭くなってしまったたからというものでしたが、結果としてとても良い投資になったなと思っています。
このように社員のやる気が出ている状況を見ると、今後も成長していくことができると確信できました。
今回の体験から、オフィスの移転は面積の拡張といった物理的な理由だけでなく、戦略的な投資としてチャレンジしてみることをおすすめします。

AO:今後の展望などを教えてください。

野口様 : 今までメインターゲットは東京だったんですが、以前から地方創生のお手伝いをしたいという気持ちはありました。
私の出身は静岡県なんですが、いとこは農業を営んでいます。その様子を見ていても、地方ではいまだにDXが進んでいない状況なんですね。
独立した当初は東京から支援していくのは難しい面もありましたが、今はコロナ禍でオンラインが普通になりましたし、渋谷のオフィスから地方の中小企業を支援するのに大きな支障はなくなりました。
そうした状況を踏まえて、今後はここ東京から、地方の中小企業を積極的に支援していきたいと思っています。

AO:本日は貴重なお話をありがとうございました。新しいオフィスを社員の皆さんが一丸となって作り上げたことで愛着を持っていただくことができ、私たちも大変うれしいです。

WEB非公開物件がございます

オーナー様ご希望によるWEB非公開の物件もございます。先ずは条件などお知らせ頂けましたら、非公開物件含めピッタリのオフィスをご提案させて頂きます。具体的な物件がお決まりでない場合でも問題ございません。無理なお勧めはしておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

0120-095-889

【営業時間】月~金曜日/9:00~18:00

ご来店も歓迎です

オフィス移転は社内・社外ともに非公開に行われることが殆どです。そのためアットオフィスでは、基本的に訪問によるコンサルティングを行っておりますが、ご来店の相談も歓迎です。

※お一人おひとりに親身にご対応させて頂きたい為、要予約とさせて頂いております。ご来店の際は先ずは上記よりご予約下さい。