事務所移転のお祝い選び!
知っておきたい相場と選び方のポイント

取引先の担当者や友人・知人などが事務所を移転させたとき、お祝いを贈れば新しい場所でのスタートを祝福し、応援しているという気持ちを伝えられます。
とはいえ、事務所移転のお祝いを贈る際にも、相手に失礼がないように気をつけることは大切です。
贈る品物や金額の相場、メッセージで避けたい言葉などのマナーはしっかりおさえておきましょう。
この記事では、事務所移転のお祝いにはどのようなものを贈ればよいのか、いくらぐらいが相場なのかを解説します。

1.事務所移転のお祝いはいつ贈る?

事務所の移転祝いを贈るタイミングは、早すぎても遅すぎてもよくありません。
移転前は、荷物を整理してまとめるなど、移転作業に追われるとても忙しい時期です。
この時期にお祝いを贈っても相手はうまく対応することができず、お祝いの品が移転の邪魔になってしまうことさえあります。
その反対に、移転から1カ月以上が過ぎてしまうと、移転のお祝いムードはすでに過ぎてしまっているでしょう。
通常、事務所を移転させた後はお返しの準備をするものですが、移転から1カ月以上が経つと先方はお祝い返しを終えてしまっている可能性があります。

もっともよいのは、移転の前日から移転後2週間までです。
この間なら、先方はお祝いを受け取る態勢が整っていると考えられます。
一般的に、先方は移転後2週間から1カ月の間にお返しの準備をするので、少なくともこの期間内に贈るようにしましょう。
この時期に贈れないとしても、できるだけ早めに贈る必要があります。
お祝いの品を贈るのが遅れるときには、先にお祝いのメッセージだけでも送っておくようにしましょう。

2.お祝いの相場はいくら?

移転祝いの相場は、贈る相手との関係性で金額が異なります。
先方が取引先の場合は、つき合いの深さによって金額が変わります。
一般的なつき合いの取引先なら1~2万円程度が相場ですが、重要な取引先の場合は3~5万円程度が相場です。
大切な取引先には余分にお金をかけることで、他社との差をつけることができます。
友人や知人に贈るのであれば、5,000~1万円程度が目安です。
相手が身内の場合は2~3万円、親戚なら1~2万円程度を見ておきましょう。
あまりに高額なものを贈ると相手をかえって困らせてしまうので、この相場を参考にして金額を決めるのがポイントです。

3.どんなものを贈ればいいの?

贈り物としてふさわしいものの一つは、現金です。
事務所を移転させた直後は、何かと物入りです。
現金なら何に使うかを自分で決められるので、有意義に使ってもらえるというメリットがあります。
先方が自分より年上の場合でも、現金を渡すことは失礼にはなりません。
ただし、相手によっては現金は味気ないと嫌がられることもあります。

カタログギフトや商品券もふさわしい贈り物です。
新しい事務所で必要なものを手に入れるのに活用してもらえます。
カタログギフトなら、現金のように贈ったものの値段がわかることがないというメリットもあります。
カタログギフトの内容は、グルメ中心のものや旅行メインのもの、日用品が充実したものなどカタログによってさまざまです。
贈る相手の好みや、事務所の雰囲気に合うものを選んで贈るとよいでしょう。

移転祝いでは、インテリアや観葉植物、花などもよく選ばれます。
新しい事務所に飾るスペースがある場合には、こうしたものを贈ると喜んでもらえます。
ただし、観葉植物や花を贈るときには、花言葉などその植物を贈る意味をよく考えることが大切です。
植物を育てるには手間がかかるため、迷惑にならないよう世話をする手間も考える必要があります。

お酒やお菓子を贈ることもできます。
お酒なら、シャンパンやワイン、日本酒などがお祝い向きです。
お菓子は気軽にプレゼントしやすく、スタッフの多い事務所に贈るとみんなで分けてもらえます。
どんなものを選ぶとしても、事務所で働く人の人数や事務所の雰囲気、相手の好みなどを考えて贈ると喜んでもらえます。

反対に、移転祝いとしてふさわしくないのは、火や赤字を連想させるものです。
キャンドルやライター、石油ストーブ、真っ赤なバラなどはビジネスの転機のシーンでは縁起がよくないとされるため、贈るのは避けましょう。

4.水引やのしは必要?

移転祝いを贈るときには、基本的にはのしが必要です。
ただし、観葉植物や胡蝶蘭を贈るのであれば、立て札がのし代わりとなります。
立て札があれば、のしは必要ありません。
贈り物を自分で持って行くときや、お祝いであることがすぐにわかるようにしたいときには「外のし」にします。
外のしとは、包装紙で包んだ後にのし紙をかける方法です。
目立たせずに控えめに贈りたいときや、贈り物を宅配便で送るときなどは「内のし」にします。
内のしは、のし紙をかけてから包装紙で包む方法です。

事務所移転のお祝いでは、水引は必ず蝶結びを選びます。
病気のお見舞いや弔事では蝶結びを使いませんが、事務所の移転は喜ばしいことで、何度も繰り返してよいお祝いです。
何度も結び直せる蝶結びは、事務所移転のような一般的なお祝いのシーンにふさわしいのです。
祝儀袋の表書きは「御祝」または「御移転御祝」とします。

5.メッセージはどうすればいい?

お祝いのメッセージは、電報または手紙にして送ります。
その際には、忌み言葉という避けるべき語があるので注意しなければなりません。
まず、「火」や「煙」「燃える」など火事をイメージさせる言葉は、新しい事務所が火災でなくなってしまうことを連想させるので避けます。
「閉まる」「さびれる」「倒れる」など、衰退を思わせる言葉もふさわしくありません。
新しい事務所をオープンさせるというお祝いのムードに水を差してしまうので、使わないようにしましょう。
特定の語を使ってもよいかどうか迷うときは、マイナスのイメージがある言葉は避けるようにするのが無難です。

手紙でお祝いの気持ちを伝えるときは、一般的なビジネス文書のフォーマットで作成します。
先方が取引先なら、「拝啓」などの頭語や時候の挨拶から始め、続けて移転に関するお祝いの言葉を述べます。
最後に、「敬具」などの結語を使って締めくくりましょう。
差出人の名前の前には、日付を入れる必要があります。
友人や知人に宛てて書く場合は、無理にかしこまった形式にする必要はありません。
頭語や結語は使わずに、カジュアルな文体で書くことができます。

6.失礼のない贈り方をしましょう

せっかく事務所移転のお祝いを贈るなら、相手に喜んでもらえるようにしたいものです。
贈るタイミングや贈る品物、金額の相場などをよく考えて、失礼がないようにしなければなりません。
ふさわしいタイミングで相場に合うものを正しいマナーで贈って、事務所移転をお祝いする気持ちを伝え、相手に喜んでもらえるようにしましょう。

WEB非公開物件がございます

オーナー様ご希望によるWEB非公開の物件もございます。先ずは条件などお知らせ頂けましたら、非公開物件含めピッタリのオフィスをご提案させて頂きます。具体的な物件がお決まりでない場合でも問題ございません。無理なお勧めはしておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

0120-095-889

【営業時間】月~金曜日/9:00~19:00

ご来店も歓迎です

オフィス移転は社内・社外ともに非公開に行われることが殆どです。そのためアットオフィスでは、基本的に訪問によるコンサルティングを行っておりますが、ご来店の相談も歓迎です。

※お一人おひとりに親身にご対応させて頂きたい為、要予約とさせて頂いております。ご来店の際は先ずは上記よりご予約下さい。