オフィスの効率は配置次第で決まる!?
最適な机の置き方とは?

一般的に、オフィスでの業務の効率が上がると売上げ増加につながるといわれています。
オフィスでの動線がよくなることで生産性の高い仕事ができるようになり、仕事の効率アップも期待できるのです。
そのためには、オフィスの机の配置を改善することから始めましょう。
オフィスの机の配置は、さまざまなパターンがあります。それぞれの業種や業務形態に適切な配置があるのです。
具体的には、どのような配置が適切なのでしょうか。ここでは、仕事効率が上がる机の配置を紹介します。

オフィスにおける机配置の重要性

オフィスの机配置は、業務効率のアップや生産性の向上につながります。
それは、机の配置が従業員同士のコミュニケーションやプライバシーに大きく関係するからです。
机の配置を見直すことによって、これまで使えていなかったスペースを有効的に使うことなどができ、オフィスの環境改善につながります。
また、従業員の作業動線が改善されることから、業務効率も上がることが期待できるのです。

たとえば、営業などで社内にいる時間が少ない社員が多い場合には、従業員数の机が並んでいると空間を無駄にしてしまうこともあるでしょう。
そうした場合は机の数を削減し、必要な数だけオフィスに配置することで、仕事がしやすい環境に改善することができます。
そうなることで、仕事の効率が上がり、業績アップにもつながる可能性が高まります。
さらに、机の配置は業務内容によっても改善する余地があります。
どのような業務を行い、どのような動線であれば働きやすいのかを考えると、最適な机の配置が見えてくるでしょう。

机の配置例1:島型

日本の企業で最も一般的な机の配置型は「島型」です。
島型は対向型とも呼ばれる配置で、机を向かい合わせに配置し、部署ごとに島を作っていきます。
同じ島内でのコミュニケーションがとりやすいため、同じ部屋に複数の部署が入る場合にも採用されることが多く、部署ごとに電話や連絡の伝達がしやすいのが特徴です。
また、向かい合わせに座ることでお互いの視線を感じられることから、仕事へのモチベーションも維持しやすいといえるでしょう。
ただ、他の島とのコミュニケーションが少なくなってしまうリスクもあります。
さらに、いつも誰かに見られながら仕事をするため、プライバシーの尊守は難しい配置です。
しかしながら、どんな業種でも取り入れやすいのが魅力でしょう。
パソコンや電話の配線を、机の裏に隠せることもメリットです。

机の配置例2:同向型

全員が同じ方向を向いて机が配置されているのは「同向型」と呼ばれています。
これは、学校の机の配置に似ていることから「スクール型」と呼ばれることもある配置です。
他人の目線が気になりませんので、プライバシーが守られやすいといえるでしょう。
また、来客の際にも見落としが発生しにくい配置です。
それでいて、横や前後の席の人とはコミュニケーションがとりやすく、正面に立って全員に指示を出しやすいメリットもあります。
ただ、同向型には広いスペースが必要ですので、広めのオフィスでないと難しいでしょう。
秘書室やコールセンターといった、個人で業務を行う業種に向いていて、来客の多い業種でも積極的に取り入れられている配置です。

机の配置例3:背面型

全員がお互いに背を向けて座る配置は「背面型」です。
壁やパーテンションに向けて机が配置されていますので、プライバシーが守られやすいといえるでしょう。
そのため、他人の目線を気にせずに仕事に集中できます。
それでいて、隣の人と容易にコミュニケーションがとれる配置です。
チームごとで円を描くように配置されていることが多く、円の中央に椅子を向けるだけで、チーム内での打ち合わせもできます。
そのためチーム制で行う部署に向いており、企画や開発、設計などの部門で多く取り入れられています。
ただし、個人のスペースが大きくなることから面積効率が悪く、オフィス設計にかかるコストが高めであるともいえるでしょう。
ゆとりのある広さを持ち、業務効率が重視される企業や部署に向いています。

机の配置例4:フリーアドレス型

机の配置自体は島型と同じですが、固定の机を設けていないのが「フリーアドレス型」です。
誰がどの机を使ってもいいスタイルですので、となりに座る人がいつも同じではありません。
そのため、常に新鮮さを感じながら仕事ができ、さまざまな人とコミュニケーションが取れます。
また、必要に応じて必要なメンバーが集まって仕事ができるのも特徴的でしょう。
ただ、書類や道具などを机に常備させることができませんので、紙媒体での顧客管理などのセキュリティ管理には向かない配置です。
また、従業員の勤怠・所在管理も難しく、休みなのか外出中なのかなどの把握もしにくいといえます。
営業職などの離席率の高い職種には効率のいい配置です。

机の配置例5:ブース型

オフィスの机の配置には「ブース型」もあります。
これは、1つずつの机をパーテーションなどで囲い、ブース状に配置しているスタイルです。
十分なプライバシーが確保できますので、周りの視線や雑音を気にすることなく仕事に集中できます。
アイディアを発案しやすいことから、集中力や高い技術が求められるクリエイティブな職種に多くみられ、外資系の企業にも広く取り入れられている配置です。
しかしながら、パーテーションで仕切られていますので、他の人とコミュニケーションが取りにくいともいえるでしょう。

机の配置例6:クラスター型

対向式レイアウトとスクール式レイアウトのいいとこどりをした配置は「クラスター型」です。
これは左右非対称型とも呼ばれています。
1つの島内で左側のデスクは正面を向き、右側のデスクは背面を向いて互い違いに座るスタイルです。
そのため、同じ列の従業員の背中が見え、向かい側に座る従業員の顔が見えるのが特徴でしょう。
従業員のプライバシーを確保しながらも、他の人とコミュニケーションがとりやすく、ローパーティションでデスクを仕切ることで、さらにプライバシーを保つことができます。
広いスペースが必要な配置ではありますが、個人のスペースがしっかりと保たれていますので、個人の資料も常時置いておくことが可能です。
そのため、デザインなどのクリエイティブな仕事や、外資系の企業に選ばれています。

業務内容に合わせた配置をしよう!

オフィスの机の配置には、さまざまなスタイルがあります。
業種や目的に応じたスタイルから選べますので、どのような業務を行い、どのような人が働いているのかを考えて机の配置を考えることが大切です。
机の配置次第で、仕事の効率は大きく変わります。
オフィスに最適な配置を選び、業務効率のアップにつなげましょう。

WEB非公開物件がございます

オーナー様ご希望によるWEB非公開の物件もございます。先ずは条件などお知らせ頂けましたら、非公開物件含めピッタリのオフィスをご提案させて頂きます。具体的な物件がお決まりでない場合でも問題ございません。無理なお勧めはしておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

0120-095-889

【営業時間】月~金曜日/9:00~19:00

ご来店も歓迎です

オフィス移転は社内・社外ともに非公開に行われることが殆どです。そのためアットオフィスでは、基本的に訪問によるコンサルティングを行っておりますが、ご来店の相談も歓迎です。

※お一人おひとりに親身にご対応させて頂きたい為、要予約とさせて頂いております。ご来店の際は先ずは上記よりご予約下さい。