快適なオフィスにするために!
ゾーニングとは何なのかを知ろう

働きやすいオフィスにしたいと考えているのであれば、ゾーニングという考え方を理解しておくことが大切です。
ゾーニングを知らないままオフィスの配置を決めてしまうと、作業効率の悪化やセキュリティ対策の不足につながる恐れがあります。
反対に、ゾーニングについての知識を習得しておけば、業務効率が上がるようにそれぞれのスペースを配置することができるようになるでしょう。
今回は、働きやすいオフィスを作るために必要なゾーニングの概要や手順などについて解説します。

1.オフィスにおけるゾーニングとは?

ゾーニングとは、限定された空間をテーマや目的に合わせて区分するという意味の言葉です。
そして、オフィス作りにおいてはフロアごとの部門や機能スペースの配置を検討することをいいます。
オフィスにおけるゾーニングの基本は、フロアに配置する各スペースの役割を十分に把握することです。
また、最も効率よく仕事ができるようにスペースの配置を工夫することも重要なポイントだといえるでしょう。

例えば、来客が多い会社であれば入り口付近に来客用の部屋を多く配置するなど、ゾーニングは会社の特徴に合わせて行う必要があります。
オフィスのレイアウトはいったん決めてしまうと容易には変更できないため、仕事をスムーズに始めるためにも慎重にゾーニングを行うべきだといえるでしょう。

2.ゾーニングの手順は?

ゾーニングは、会社のスタートダッシュを決定づけるといっても過言ではありません。
そして、ゾーニングを成功させるためには正しい手順を踏んでアイデアを昇華させていく必要があるのです。
ゾーニングの手順として、まずはオフィスのコンセプトやイメージを考えます。
例えば、チームで仕事をすることが多い会社であれば、会議室を増やしてコミュニケーションの取りやすいオフィスにする、といったようなことです。
各部署の社員にヒアリングしたうえで、なるべく具体的なイメージを設定するとよいでしょう。

次に、コンセプトやイメージを実現するためにはどのようなスペースが必要になるのかということを徹底的に洗い出します。
オフィスの場合、ミーティングスペースや文書保管スペースなど、執務スペース以外にも必要な場所がいくつもあります。
そして、各スペースを配置した後で見落としに気付いたとしてもやり直すことはできません。
そのため、スペースの見落としがないように時間をかけて丁寧に洗い出していく必要があるのです。

必要なスペースを洗い出した後は、それぞれのスペースと各部署の関係性について検討します。
会議を行うことの多い部署の近くにミーティングスペースを配置するなどの工夫によって業務の効率化を図ることができるでしょう。
また、機密情報の多い文書保管スペースは入り口から離れた場所に配置するなどの工夫も必要です。
それから、各部署の社員の人数や利用頻度などに基づいて、それぞれのスペースに当てる面積の割合を決めます。
一般的に、オフィスにおいて執務スペースが占める面積の割合は50~60%だとされているので、この数字を基準にするとそれぞれの割合が決めやすいでしょう。
最後に、実際のオフィスの図面と照らし合わせつつ、それぞれのスペースの配置を決めます。

3.上手なゾーニングのポイントは?

オフィスのゾーニングを上手にするためには、いくつかのポイントに気を付けなければなりません。
まず、社員1人に対してどれくらいの面積の執務スペースを割り当てるかということを考える必要があります。
一般的に、社員1人当たりの執務スペースの面積は2~3坪程度が目安です。この目安に照らせば、社員の人数に応じた執務スペースとして確保すべき広さがある程度わかるでしょう。
例えば、15人の社員それぞれに対して3坪のスペースを割り当てる場合に必要な執務スペースの面積は15×3=45坪ということになります。

次に、オフィス内の通路である動線についてもしっかりと考えておく必要があります。
動線が複雑なオフィスは余計な移動が増えて作業効率が悪くなるため、なるべくシンプルに動線を配置するとよいでしょう。
また、社員が最もよく通るメインの動線は幅を広めに確保し、距離をなるべく短くすることが大切です。
さらに、行き止まるポイントがあると社員の流れが滞りやすくなるため、自由に回遊できるような動線にすると効率的でしょう。

通路の幅については、建築基準法で制限されているという点にも注意が必要です。
建築基準法において、片側のみに部屋がある場合は1.2m以上、両側に部屋がある場合は1.6m以上の通路幅が必要だと定められています。
オフィスのゾーニングを考える際は通路幅がこの規定を満たすように配置しましょう。
そして、セキュリティ対策の方針によってもゾーニングは変わってきます。
「来客者が立ち入れるゾーン」「従業員のみが立ち入れるゾーン」「従業員と来客者が共有するゾーン」というように、各スペースはセキュリティレベルごとに区分できます。
それぞれのスペースのセキュリティレベルを考慮したうえで配置を決めていくとゾーニングがしやすくなるでしょう。

4.メンバー構成によってレイアウトが変わる

オフィスのゾーニングにおいては、同じ広さや形のフロアであってもオフィスのメンバー構成によってレイアウトを変えていく必要があります。
例えば、営業系のオフィスの社員は外出していることが多いため、どの社員がオフィスにいるのかをわかりやすくする必要があります。
そのため、執務スペース全体を見渡しやすいゾーニングが適しているといえるでしょう。

事務スタッフが多いオフィスであれば、社員は席に着いている時間が長く、コピー機とトイレ、リフレッシュルームの間を移動する程度です。
そのため、コピー機やリフレッシュルームを執務スペースに隣接させ、エントランスも執務スペースの近くに配置すると効率的でしょう。
クリエイティブ系のスタッフが多いオフィスの場合、人との交流や雑談の中から新しい発想が生まれることも多々あります。
この効果を高めるためには、社員の席が決まっていない自由な執務スペースにし、他の部署とも交流が図りやすいようなゾーニングにするとよいのです。

5.オフィスゾーニングのプロに相談

オフィスのゾーニングでは、いったん配置を決めた後は容易にやり直すことができません。
そのため、オフィスのコンセプトの決定や必要なスペースの洗い出しなどの過程を経て、慎重にゾーニングしていく必要があります。
どのようにゾーニングすればよいのかわからない、自分で決めるのが不安だという場合は、オフィスゾーニングに詳しいプロに相談してみるとよいでしょう。

WEB非公開物件がございます

オーナー様ご希望によるWEB非公開の物件もございます。先ずは条件などお知らせ頂けましたら、非公開物件含めピッタリのオフィスをご提案させて頂きます。具体的な物件がお決まりでない場合でも問題ございません。無理なお勧めはしておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

0120-095-889

【営業時間】月~金曜日/9:00~19:00

ご来店も歓迎です

オフィス移転は社内・社外ともに非公開に行われることが殆どです。そのためアットオフィスでは、基本的に訪問によるコンサルティングを行っておりますが、ご来店の相談も歓迎です。

※お一人おひとりに親身にご対応させて頂きたい為、要予約とさせて頂いております。ご来店の際は先ずは上記よりご予約下さい。